トップロゴ

会概要

1.設立の趣意と会の概要

間宮海峡を発見した間宮林蔵は世界に名だたる探検家であるだけでなく、樺太や北海道などの地図を作った測量家でもあります。このような林蔵の業績を顕彰し現代にいかすべく、間宮林蔵顕彰会は林蔵没後150年を契機に平成6年(1994)9月23日に結成されました。以後、稚内市間宮林蔵顕彰会や伊能忠敬研究会とも連携し、全国的な規模で多くの林蔵顕彰事業を行ってきました。

会の事業は①顕彰事業、②研究事業、③広報事業の3本柱で行われています。顕彰事業部では毎年林蔵ゆかりの地を訪ねる「林蔵ウォーク」を実施し、研究事業部では林蔵に関する研究、広報事業部では林蔵に関するさまざまな情報を掲載した広報誌を年2回発行しています。また、間宮林蔵記念館(つくばみらい市)や林蔵の墓地を訪れる人々のためのボランティアガイドも当会員が務めています。

(1)会員数

林蔵生誕の地であるつくばみらい市を中心に全国に170人(法人会員を含む)の会員がいます(平成24年4月1日現在)。

(2)会費

個人会員は年間会費2,000円(18歳未満は準会員で無料です)ですが、5年分前納すると8,000円になります。法人会員は一口年額10,000円です。お電話もしくはFAXで申し込んでください。振込用紙をお送りいたします。申込み先はつくばみらい市教育委員会生涯学習課内(0297(58)2111(代))です。

(3)定時総会

毎年4月に開催します。

2.活動状況

(1)会報発行

平成7年2月1日 『間宮林蔵顕彰会だより』№1(B5判8ページ)
平成7年8月1日 『間宮林蔵顕彰会だより』№2(B5判8ページ)
平成8年2月5日 『間宮林蔵顕彰会だより』№3(B5判8ページ)
平成8年9月15日 『間宮林蔵顕彰会だより』№4(B5判8ページ)
平成9年3月10日 『間宮林蔵顕彰会だより』№5(B5判8ページ)
平成9年8月10日 『間宮林蔵顕彰会だより』№6(B5判16ページ)
(林蔵まつり特集号)
平成10年4月5日 『間宮林蔵顕彰会だより』№7(B5判8ページ)
平成10年10月15日 『間宮林蔵顕彰会だより』№8(B5判8ページ)
平成11年4月18日 『間宮林蔵顕彰会だより』№9(B5判8ページ)
平成11年12月10日 『間宮林蔵顕彰会だより』№10(B5判8ページ)
平成12年5月8日 『間宮林蔵顕彰会だより』№11(B5判8ページ)
平成12年12月5日 『間宮林蔵顕彰会だより』№12(B5判8ページ)
平成13年3月20日 『間宮林蔵顕彰会だより』№13(B5判6ページ)
平成13年9月25日 『間宮林蔵顕彰会だより』№14(B5判8ページ)
平成14年3月31日 『間宮林蔵顕彰会だより』№15(B5判4ページ)
平成14年10月1日 『間宮林蔵顕彰会だより』№16(B5判8ページ)
平成15年4月1日 『間宮林蔵顕彰会だより』№17(B5判8ページ)
平成15年10月15日 『間宮林蔵顕彰会だより』№18(B5判8ページ)
平成16年4月25日 『間宮林蔵顕彰会だより』№19(B5判8ページ)
平成16年9月21日 『間宮林蔵顕彰会だより』№20(B5判6ページ)
平成17年4月25日 『間宮林蔵顕彰会だより』№21(B5判8ページ)
平成17年10月10日 『間宮林蔵顕彰会だより』№22(B5判8ページ)
平成18年5月25日 『間宮林蔵顕彰会だより』№23(B5判8ページ)
平成18年10月16日 『間宮林蔵顕彰会だより』№24(B5判8ページ)
平成19年6月5日 『間宮林蔵顕彰会だより』№25(B5判8ページ)
平成19年11月15日 『間宮林蔵顕彰会だより』№26(B5判8ページ)
平成20年5月25日 『間宮林蔵顕彰会だより』№27(B5判8ページ)
平成20年10月30日 『間宮林蔵顕彰会だより』№28(B5判8ページ)
平成21年5月25日 『間宮林蔵顕彰会だより』№29(B5判6ページ)
平成21年11月5日 『間宮林蔵顕彰会だより』№30(B5判16ページ)
(海峡発見200年祭特集号)
平成22年5月25日 『間宮林蔵顕彰会だより』№31(B5判8ページ)
平成22年12月10日 『間宮林蔵顕彰会だより』№32(B5判12ページ)
平成23年5月31日 『間宮林蔵顕彰会だより』№33(B5判8ページ)
平成23年12月5日 『間宮林蔵顕彰会だより』№34(B5判10ページ)

(2)イベント開催

平成 6年 9月23日 「間宮林蔵顕彰会」設立総会(伊奈町立公民館)
平成 7年 2月26日 林蔵フォーラム、林蔵文献・資料展示会、
稚内直送交流物産即売会(伊奈町立公民館)
平成 7年 8月19日 第1回「間宮林蔵講座」(伊奈町立公民館)
平成 7年11月18日 第2回「間宮林蔵講座」(伊奈町立公民館)
平成 8年 2月17日 第3回「間宮林蔵講座」(伊奈町立公民館)
平成 8年11月 3日
~10日
林蔵文献・資料展示会(伊奈町立青少年道場・伊奈町立図書館)
平成 9年 5月10日
~11日
「林蔵まつり」(取手市 新岡堰)
サンタン船運航、物産展、各種イベント開催(20,000人参加)
平成 9年 8月19日
~24日
「林蔵まつり写真展」(伊奈町立図書館)
平成10年 6月28日 「間宮林蔵」写真展(ロシア サハリン)
平成12年10月15日 「林蔵フェスティバル」(ワープステーション江戸)
平成13年 3月 5日
~31日
「間宮・宗谷海峡横断写真展」(ワープステーション江戸)
平成15年10月25日 間宮林蔵顕彰会設立10周年記念「林蔵祭」(専称寺)
平成21年 7月26日 間宮林蔵「海峡発見200年祭」
午前の部  追善法要・顕彰会事業(専称寺)(60人参加)
午後の部  記念式典・イベント開催(450人参加)
実行委員会事業(つくばみらい市立谷井田小学校)

(3)読本編纂発行

平成 7年 6月10日 シーボルト事件の背景と間宮林蔵『林蔵は密告していない』
平成14年 3月31日 『間宮林蔵の再発見』(論集)
・シーボルト事件の背景と間宮林蔵『林蔵は密告していない』
・間宮林蔵の祖「番匠・間宮隼人」は伊奈関東郡代の小貝川流域開発に協力するため横浜領から移住した ~検地帳・古地図からその足どりを解明~
・間宮林蔵の生年月日を明記した文書の発見
・間宮林蔵薯『北夷分界余話』と『北蝦夷島地図凡例附里程記』 草稿を発見
・間宮林蔵の『カラフト図・蝦夷図』はなぜ先輩、上司の名で発表されたのか~その謎に迫り、真相を解明する~

(4)見学会開催

平成 7年 6月10日 第1回林蔵史跡めぐり(東京、本立院と墓所参拝ほか)
平成 8年10月 5日 第2回林蔵史跡めぐり(月読神社、筑波山立身窟ほか)
平成10年 5月24日 第3回林蔵史跡めぐり(山中城、柿田川湧水ほか)
平成11年 6月 5日 第4回林蔵史跡めぐり(伊能忠敬記念館、大利根博物館)
平成13年10月13日 第1回林蔵ウォーク(専称寺、間宮林蔵記念館ほか)
平成14年 8月10日 観 望 会(つくばエキスポセンター)
平成14年10月19日 第2回林蔵ウォーク(さくら荘をベースに間宮林蔵記念館、岡堰など、林蔵太鼓保存会の奉納祭同時開催)
平成15年10月25日 第3回林蔵ウォーク(顕彰会設立10周年記念・林蔵祭と同時開催―専称寺)
平成16年10月26日
~27日
第4回林蔵ウォーク(林蔵のルーツ・間宮隼人の一族・戦死の場所・山中城を訪ねて)
平成17年 1月22日 『アメリカ伊能大図』里帰りフロア展(幕張メッセ)
平成17年11月17日 第5回林蔵ウォーク(林蔵生誕のロマンと奥筑波の歴史を巡る)
平成18年11月17日 第6回林蔵ウォーク(林蔵ゆかりの東京深川・文化と歴史探訪)
平成19年11月20日 第7回林蔵ウォーク(林蔵の母・ゆかりの地をたずねて)
平成20年 1月13日 「林蔵ゆかり」の瑞龍山宗三寺、稲毛神社参拝(川崎市)
平成20年11月20日 第8回林蔵ウォーク(林蔵の師・伊能忠敬ゆかりの水郷佐原探訪)
平成21年 7月26日 第9回林蔵ウォーク(海峡発見200年祭と同時開催)
平成21年11月 6日 第10回林蔵ウォーク(間宮康俊の戦跡を訪ねて 市川国府台合戦)
平成22年10月21日 第11回林蔵ウォーク(間宮康俊の戦跡を訪ねて 川越戦跡)
平成23年10月12日 第12回林蔵ウォーク(間宮康俊の戦跡を訪ねて 逆井城跡)

(5)そ の 他

平成 6年10月22日 「第1回 稚内林蔵まつり」参加
平成 8年 7月16日
~22日
間宮海峡 日・ロ共同調査
(実行委員会委員長 田上稚内林蔵顕彰会会長)
平成10年 7月11日 「第5回 稚内林蔵まつり」参加
平成11年 9月 9日 小惑星12127番Mamiya誕生(渡辺和郎氏発見)
平成14年 7月28日 「第9回 稚内林蔵まつり」参加
平成15年 7月27日 「第10回 稚内林蔵まつり」参加
平成16年 7月27日 「第11回 稚内林蔵まつり」参加
平成17年 7月14日 絵本『まぼろしのデレン』寄贈(旧伊奈町6小学校)
平成18年 4月26日 絵本『まぼろしのデレン』寄贈(旧谷和原村4小学校)
平成20年 4月23日 間宮正孝顧問が、NHKの「ここはふる里・旅するラジオ」に出演し、間宮林蔵顕彰会・同記念館の紹介と林蔵の人柄について語った
平成20年 6月11日 NHKテレビ「その時歴史が動いた」で~異郷の大地を踏破せよ間宮林蔵の北方探検~が放送され間宮正孝顧問が遺品を紹介した
平成20年 8月27日 山中顕彰事業部長、取手市郷土史研究会の研修会で「私が歩いた間宮海峡」を講演
平成20年 9月29日 楽曲・えみしの風「間宮林蔵」が、CDになり全国発売される
平成20年11月19日

大久保富名氏より著書『間宮林蔵の生涯を辿る』贈呈される
宮本健一副会長『間宮林蔵の生涯を辿る』をつくばみらい市の4中学校に寄贈

平成20年12月16日 山中顕彰事業部長、市立板橋小学校で「間宮林蔵」を講演。
平成20年12月19日 稚内市横田市長一行が専称寺・間宮林蔵記念館視察のため来市、同行説明を行う
平成21年 2月25日 NHKテレビ「その時歴史が動いた」~江戸の世に挑んだ男たち~伊能忠敬・間宮林蔵・ジョン万次郎が放送される
平成21年 3月 7日 宮本事務局長、取手市の「いちょうの会第20回記念植樹祭(岡堰・中の島)」で『岡堰と間宮林蔵』を講話
平成21年 7月12日 稚内市間宮林蔵顕彰会「間宮海峡発見200年記念林蔵まつり」参加
平成21年10月31日 「林蔵劇」つくばみらい市商工祭で上演
平成21年12月16日 茨城新聞の「ふるさと学のススメ(つくばみらい市)」で間宮林蔵がとりあげられ取材をうける
平成22年 9月 4日 林蔵劇「孤高の探検家・間宮林蔵」をつくば市ふれあいプラザで上演
平成23年 6月26日 間宮正孝顧問、日本山岳会茨城支部の第21回講演会で『間宮林蔵の生涯と業績』~北方の測量および海峡の探検と発見~について講演
平成23年 9月23日 宮本事務局長、取手市の「第2回ゆめみ野地域交流会(岡堰・中の島)」で『岡堰と間宮林蔵』を講話
平成23年11月12日 間宮正孝顧問、茨城県立伊奈高等学校の学校公開日(創立記念日)に、道徳教育の一環として『郷土の偉人・間宮林蔵に学ぶフロンティアスピリッツ』について講演

 

間宮林蔵顕彰会
〒300-2341
茨城県つくばみらい市福田195
つくばみらい市教育委員会生涯学習課内