つくば子宝孫宝

つくば子宝孫宝事務局
問い合せ:090-4430-2918(間宮)
kodakara@rinzo2.jp

つくば子宝孫宝 >> ご利益満開マップ >>

泉の観音様

すてきつくば発見
ゲストブック
ご利益満開マップ
筑波山神社
母の胎内くぐり
高天ヶ原
子授け地蔵
月水石神社
泉の観音様
東福寺
金村別雷神社
山ノ神
吉沼八幡神社
子育延命地蔵尊
月読神社
石神神社
失礼のないように
ごりやくください
心の荷物は軽くね
大きな赤ちゃん!
次にきっと会える
こっちを見よう?
後ろの正面だあれ

●泉の観音様

子育観音のゆらい

慶龍寺の本尊「子育出世正観世音菩薩」は、大同二年(807)、京都・東寺において小児の成長安全を祈願し、弘法大師が手ずから彫ったと伝えられる秘仏です。その後、文明四年(1472)に仁和寺の随弟法師が小田原に観音寺を建て、本尊仏としてまつりました。多くの人々からその御利益を称えられ、徳川家康が深くこの本尊を信仰して天下をとったことから、「出世」の尊称が加わり、「子育出世観世音」と崇められるようになったのです。

やがて元和元年(1615)、観音寺住職の慶龍上人の夢枕に、七晩にもわたって本尊が現れ、「吾これより東の方に行き弘く智方便を施らし小児を難病より救わん速やかに移すべし」とのおつげを受けました。

そのため上人は本尊を笈(おい)におさめて旅に出ましたが、筑波山麓にさしかかったとき、長雨続きで桜川がはんらんし渡ることができなくなってしまいました。困っていると一人の童子が小舟に乗ってやってきて、上人を向こう岸へと渡してくれたのです。すると、その童子は煙のように消え、本尊の御影が川の上に現れました。上人は「本尊が川を渡らせてくださった」と感謝して経を読んだ後、再び出発しようとしました。ところが、笈が重くて動くことができません。そこで「この地こそ本尊の望む霊地に違いない」と村人に伝えました。すぐに草庵を設けたところ、そのころ村で流行っていた小児の悪い病気が治まり、その御利益を伝え聞いた人々が集まるようになりました。そして元和四年(1618)に堂宇を建て、慶龍上人の名にちなみ「慶龍寺」と称されたのです。

本尊は「泉のお観音様」と多くの人々に慕われ、参拝する人があとを断たないほどでした。土浦藩主の土屋正直候は寺録を献し、貞享四年(1687)には表門を寄進。その門は今も寺に建ち、参拝客を迎え続けています。

現在では、本尊の御霊験は関東一円へと広がり、子供を観音様に七歳まであずけ、仏と縁を結んで見守ってもらう「資子(とりこ)祈願」、子供の健やかな成長を願う「虫封じ祈願」など、年間に何万人もの人々が慶龍寺を訪れています。

慶龍寺発行「泉子育観音」より

年中行事
縁日 毎月17・18日
1月1日 元旦大護摩
2月5日〜1週間 春季大祈祷会
2月11日 年越大祭
大変盛大なもので、その年の年男達が裃姿で本堂から参拝客をめがけ豆まきをします。
2月18日 大般若大法要
4月1日〜10日 桜まつり
境内の枝垂れ桜は見事です。
4月8日 釈尊降誕花まつり
5月5日 子供の日大法要
6月15日 弘法大師降誕会
8月10日 四万八千日大縁日
11月1日〜20日 七五三祈願大法要

七五三の季節

七五三の季節は、可愛い子供たちがお参りに来ます。この日も女の子が髪を結い、きれいな紅い着物でお参りに来ていました。

二十三夜塔

慶竜寺入り口には二十三夜塔が建っています。二十三夜講が行われなくなってしまって久しいようですが、いつごろまで行われていたものでしょうか。昭和の初めの頃まで各地で行われていたようですから、泉村の二十三夜講もその頃までは残っていたのかもしれません。二十三夜様は子どもの神様で、子どもの出来ない人が信心すれば子宝に恵まれると伝えられています。これは、月読神社と同じですね。

伝説が今も息づく

小田原の観音寺に、弘法大師が小児の成長安全を祈願して作ったと言う秘仏がりました。江戸初期の元和元年(1615)のある日、寺主の慶竜上人が夢の中で不思議なお告げを聞きました。

そのお告げは「われこれより東の方に行き、広く智方便をめぐらし、小児を病難より救わん。すみやかに移すべし」と言うものでした。慶竜上人はさっそく尊仏を背負い、常陸の筑波山を目指して歩きはじめました。当時筑波地方には小児の悪疫が流行しており、人々が困っていると聞いていたからでした。

数日かかってたどり着き、背負っていた本尊をおろして安置し、祈りをこめたところ、さしもの悪疫も消滅してしまったとこことです。

このことを聞いた人々は、この観音像を崇拝し、元和四年(1618)同地にお堂を建て、慶竜寺と名づけたといいます。それ以来子育て観音として信仰され、虫きりの霊場ともされ、信仰する人が途絶えません。子育てだけでなく、子供が授かるようにとお願いする人も多いと聞きます。

常陸の伝説(藤田 稔著)[第一法規出版株式会社昭和51年]

このお話は、茨城県南部に残る伝説としていくつかの書籍で紹介されています。

 所在地・連絡先等

つくば市泉2348番地
電話:029-867-0323

●広域(どのあたりにあるの?)
●もう少し詳しく
●拡大(付近の詳しい地図)
地図は、右上の×で画面を閉じてください。

年越大祭

平成18年2月11日に行われた「年越大祭」の模様を、写真でご紹介します。

はなやいだ境内

露店も出て華やかな雰囲気の慶龍寺です。大きな枝垂桜はまだつぼみも小さくて硬いのですが、日差しから春が近づいていることがわかります。

本堂も豆まきの準備が整いました

本堂にも年越大祭の看板が出され、祈祷を希望する参拝者が座る張出も設けられています。

泉ばやし

地元に伝わる「泉ばやし」の太鼓に先導され、住職、年男達の入場です。

ほら貝の勇ましい響き

入場は、太鼓とほら貝の勇ましい響きとともに行われます。

年男達

今年の年男達がお菓子がたくさん入った袋を手に、裃姿で入場してきます。

読経が始まりました

本堂に全員が座り、読経が始まりました。

福を呼びこむ豆をまきます

年男達は、まず本堂に豆をまきます。その後参拝者をめがけて、豆をまきます。みんなに福が訪れるよう豆をまきます。

豆の後はお菓子をまきます

まめがなくなると年男たちは、お菓子やカップめんなどをまきます。みんな我先に拾います。子どもも大人もたくさんひろい、福を呼び込みます。

役目を終えて

年男達は大役を果たし、安堵の表情で引き揚げていきます。
おつかれさまでした。