つくば子宝孫宝

つくば子宝孫宝事務局
問い合せ:090-4430-2918(間宮)
kodakara@rinzo2.jp

つくば子宝孫宝 >> ご利益満開マップ >>

子授け地蔵

すてきつくば発見
ゲストブック
ご利益満開マップ
筑波山神社
母の胎内くぐり
高天ヶ原
子授け地蔵
月水石神社
泉の観音様
東福寺
金村別雷神社
山ノ神
吉沼八幡神社
子育延命地蔵尊
月読神社
石神神社
失礼のないように
ごりやくください
心の荷物は軽くね
大きな赤ちゃん!
次にきっと会える
こっちを見よう?
後ろの正面だあれ

●子授け地蔵

爺ヶ峰・婆ヶ峰の伝説

昔筑波山と尾根続きの峠道を、巡礼姿の老夫婦が急ぎ足で通りかかった。日暮れも近く、夫婦は早く筑波の宿に着きたいと、はげまし合ってあるいていた。

ちょうど峠の中ほどにかかったとき、やぶの中から追いはぎがあらわれた。気丈なおじいさんは、おばあさんに包みを渡し、「おれにかまわないで早く筑波へ行って待っていろ。おれはこの野郎をたたき伏せてすぐに行くから。」と、杖をふりかぶって追いはぎに打ってかかった。追いはぎもたじたじだったが、しばらく争いが続くうち、おじいさんは力尽き、とうとう斬り殺されてしまった。追いはぎは、おじいさんの懐中をさぐって金を奪おうとしたが、金はまったく持っていなかった。「さてはおばあさんが持って逃げたか」と、血にぬれた刀を持ったまま、逃げて行くおばあさんを追いかけ、とうとう殺して金を奪ってしまった。

翌朝、村びとが老夫婦の死体を発見し、二人をねんごろに埋葬し、そのところを爺ヶ峰・婆ヶ峰と呼ぶようになった。

いまそこに、合わせて二○基ほどの石地蔵が立っている。子宝に恵まれない若夫婦が、この石地蔵を抱いて祈ると、かならず子どもが授かるという。また病弱な子は、祈願すればじょうぶに育つといわれる。

常陸の伝説(藤田 稔著)[第一法規出版株式会社昭和51年]

子授け地蔵

現在では、立派な「子授け地蔵」が建立されています。伝説はとても悲しいものすが、老夫婦の思いは新しい命のために、今も生きているのかもしれません。

伝説そのまま

小さな赤い鳥居をいくつかくぐり、小高い丘の上に登ると、悲しい伝説を思い起こさせる石地蔵が並んでいます。新しい命が宿るよう、心を込めてお祈りしてください。

 所在地・連絡先等

●広域(どのあたりにあるの?)
●もう少し詳しく
●拡大(付近の詳しい地図)
地図は、右上の×で画面を閉じてください。