つくば子宝孫宝

つくば子宝孫宝事務局
問い合せ:090-4430-2918(間宮)
kodakara@rinzo2.jp

つくば子宝孫宝 >>

大きな赤ちゃん!

すてきつくば発見
ゲストブック
ご利益満開マップ
筑波山神社
母の胎内くぐり
高天ヶ原
子授け地蔵
月水石神社
泉の観音様
東福寺
金村別雷神社
山ノ神
吉沼八幡神社
子育延命地蔵尊
月読神社
石神神社
失礼のないように
ごりやくください
心の荷物は軽くね
大きな赤ちゃん!
次にきっと会える
こっちを見よう?
後ろの正面だあれ

 出会いは一つじゃない

新しい家族との出会い、子供を授かるという形だけではありません。自分から積極的に家族との出会いを作る方法もあります。ここでは「里親制度」についてご案内します。里親制度とは、わかりやすく言えば親に恵まれない子供を預かり、自分の子供のように育てて行くことです。子が自立できるまで(18歳になるまで)預かる場合と、養子縁組まで行い、法律上も自分の子供となってもらう場合があります。コウノトリ役を自分で積極的に行うことで、新しい家族を迎え入れることも出来ます。

 里親制度ってなに?

子どもたちの健やかな成長には、家庭の温かい愛情に包まれていることが必要です。児童憲章には、「すべての児童は、家庭で正しい愛情と知識と技術をもって育てられ、家庭に恵まれない児童には、これにかわる環境が与えられる。」とうたわれています。
里親制度とは、保護者の病気、家出、離婚などのため家庭で養育されない、あるいは、保護者に養育されることが適当でないなど、家庭に恵まれない子どもたちを一時的に又は継続的に預かって、保護者にかわり温かい愛情と家庭的雰囲気の中で育てていこうという制度です。保護者に代わり、子供たちを養育していただく方を「里親」と言います。
「里親制度」として行われる里親による養育は、児童福祉法に基づいて行われているもので、保護が必要な児童への対策として重要な役割を果たしています。また、里親は知事が適当と認め、里親登録簿に登録された方をいいます。

 里親の種類

里親にはいくつか種類があります。家族として子供と一緒の時間を共有する場合、養育里親ということになるでしょう。里親になることを養子縁組まで含めて考えてしまうかもしれませんが、それは必要ありません。家族として子供と一緒の時間を共有すると言う最大の目的を達成するためには、養子縁組は必要ありません。

子は必ず、親から巣だっていくものです。また、実子の場合でも、子に老後の面倒を見てもらうというような要求を過度に期待することは間違いでしょう。里親は子供を養育することが仕事であり、見返りを期待することは間違いですね。

里親の種類

養育里親

1年以上の長期にわたり児童を養育するものです。
保護者が子どもを引き取れるようになるまで、また里子が学校を卒業し就職して自立するまで保護者に代わって養育するものです。(将来、養子縁組を希望して養育する場合を含みます。)

短期里親

一時的(数日〜1年内)に児童を養育するものです。
保護者の一時的な病気等で家庭で育てられなくなった時に、子どもの地域、学校とのつながりを考慮して、近隣の里親が子どもを預かり、短期間養育するものです。

専門里親

要保護児童の内、児童虐待等の行為により心身に有害な影響を受けた児童を養育するため、一定の研修を経て認定を受けた里親です。(特別要件あり)

親族里親

保護者が死亡、行方不明又は拘禁等により養育ができなくなった児童を預かる、三親等内の親族で認定を受けた里親です。

 里親になるためには

里親になってもいい、我が子として子供を育てたいと思ったら、まず児童相談所に相談しましょう。里親になるためには、あなたが子供を育てるための熱意があり、家族を含め子供を育てるための良い環境があることが大切です。一定の審査を経て里親としてふさわしいと認められれば、里親として認定され登録されます。
ここで大切なことは、あくまで子供のために里親があるということです。それは実子の場合も同じですね。子供のために親があるわけですから。

里親になるまでの流れ

児童相談所へ相談

あなたが住んでいる最寄の児童相談所にまずは連絡を入れます。里親制度を担当する職員の方から制度についての詳しい説明を受けましょう。その上で里親の申し込みをします。
家庭状況の確認 申し込みが受け付けられると、児童相談所の担当職員の方があなたの家庭を訪問するなどし、里親としてふさわしいかどうかの調査が行われます。
審査、登録 調査に基づき、里親としてふさわしいかどうか審査が行われます。審査により里親としてふさわしいとなれば、里親として登録されます。
里子との出会い 預かる子供と里親の家庭環境などを考慮、県が子供を紹介してくれます。何度か子供と面会を重ね、受け入れとなります。

 子供の養育

預かった子供は基本的に実子と同じ、分け隔てなく大切に養育します。なお、子供に対して次のことを留意しましょう。

家庭は常に和やかにし、子供の心身を害するような言動をしてはいけません。
子供の栄養、発育等健康面に十分注意し、以上があるときは直ちに医療機関で受診させるなど、適切な措置をとります。
子供の福祉を図るうえで好ましくない用務に従事させたり、虐待したり、酷使してはいけません。

 養育の費用

里親が子供を預かると、その養育に要する費用として次のような費用が支払われます。
里親手当
一般生活費
教育費
学校給食費
特別育成費
医療費
賠償責任保険の全額負担

その他入学支度金、就職支度費などが定額で支払われます。
※親族里親に対しては、1 里親手当は支払われません。
なお、支払われる費用の詳細などは、最寄の福祉事務所にお尋ねください。