rinzo2.jpの証明書をインポートする方法

このページでは、www.rinzo2.jp の SSL 対応ページ表示のため、
予め証明書を Internet Explorer にインポートする方法を解説します。
特にインポートが必要と感じない場合は、実行する必要はありません。

www.rinzo2.jp には、https:// と http の後に s の入ったアドレスでリンクされているページがあります。これらのページは SSL という暗号方式により、こちら (www.rinzo2.jp) 側とあなたのパソコンの間のデータ通信を暗号化して行います。ということで、送受信しているデータを他人が読んでしまう、あるいは他人に送ってしまうということを防ぐことが出来ます。
特にメール連絡網システムなど、個人の氏名やメールアドレス・住所・電話番号などを送受信する際より安全といえます。

さて、 www.rinzo2.jp は小規模な組織であるため、大手の証明機関が発行する証明書を利用するには費用がかかりすぎます。そこで、証明書の自己発行を行っています。大手の発行する証明書は、予め Internet Explorer にインストールされています。しかし、当然のことながら小規模組織が自己発行している証明書などは事前インストールされているわけではありません。そこで、ここでインストールしていただくこととなります。

証明書をインストールするには、下記にアクセスします。
http://www.rinzo2.jp/~rinzo/server.crt

https://www.mmjp.or.jp/ssl.rinzo.jp/key/server.crt
こちらは、ASAHIネットのセキュアな場所にキーを置いてあります。
自己発行の証明証であることに変わりはありませんが、設置場所へのアクセスが暗号化されます。この場所にキーを設置できるのは、不正アクセスがなければ管理者である私だけと考えて良いでしょう。と言うことで、間接的にですが証明証の設置場所をよりセキュアにしてみました。このような方法を取るのもよいと思います。

※操作をする前に下記の手順を一度お読みください。

上記アドレスをマウスでクリック、アクセスすると以下のような画面が順次出ますので、この解説に従ってインストールを行ってください。

ファイルをダウンロードする確認画面



開くをクリックします。
ウイルスチェックしたファイルを掲載していますので、「開く」を直接実行しても問題ありません。でも、不安がある場合には一度保存しウイルスチェックを行い、その上でインストール(保存されたファイルを開く=>ダブルクリック)すればいいでしょう。

証明書のインストールを実行



証明書情報画面では「証明書のインストール」を実行します。

証明書のインポート ウィザードの開始



「次へ」をクリックします。

証明書ストア



証明書を自己で分類管理していなければ設定のまま「次へ」をクリック。

証明書のインポート ウィザードの完了



「完了」をクリックします。

ルート証明書ストア



「完了」クリックすると今度は、このような確認画面が表示されます。
ここは「はい」をクリックします。すると下記の確認画面が表示されます。



「OK」をクリックします。

証明書



最初の画面が表示されますので、「OK」をクリックします。
これで画面は閉じ、証明書のインポート操作が完了です。
お疲れ様でした。

インポートの操作、おわかりいただけましたか?
この後証明書をインポートされる方は、下記のアドレスへアクセスしてください。

証明書をインストールするには、下記にアクセスします。
http://www.rinzo2.jp/~rinzo/server.crt


ブラウザの戻るボタンで戻ってください。

メール連絡網システム申し込みからこの画面を開いた方は、
画面右上の×をクリックして画面を終了してください。